GemForexのレバレッジは1000倍!他社と比較してみた

GemForexのレバレッジは1000倍!他社と比較してみたのアイキャッチ画像

レバレッジとは

レバレッジとはのアイキャッチ画像

レバレッジは英語でleverageと書き、「てこ」や「てこの原理」を意味します。支点、力点、作用点、っていうあれですね。

英語の意味から想像できるように、掛けた力(資金)以上の力(取引額)を出せる仕組みです。

自己資本を元本として資金調達を行い、自己資金以上の取引額で取引ができる投資方法です。

お金を担保にそれ以上のお金を借りてトレードするというとイメージがわきやすいかもしれません。

担保となる手元の資金を取引保証金と呼びますが、これにレバレッジをかけることで何倍もの金額の外貨を取引できるようになります。

例えば、レバレッジを掛けない普通の取引の場合、10万円の取引保証金であれば10万円分の取引しかできません。

しかし、ここで10倍のレバレッジを掛けると取引できる金額が10万円の10倍、つまり100万円となるのです。これがレバレッジの仕組みです。

よく「FXで10万円を1億円にした」などとネットで出ていたりすることがありますが、これも高レバレッジでの取引が可能なために現実味を得ます。

株式では信用取引が一般的で、最大レバレッジは3倍です。

「株を始めるなら元手1000万はないと」と言われるのも、そこまでレバレッジを掛けられないから元手が少ないと大して利益を上げられないからです。

それに対してFXでは最大25倍掛けられるので資金効率の高さは言うまでもないと思います。

最大レバレッジが25倍といいましたが、これは国内業者で個人口座を使用している場合の話で、海外の業者を利用すればもっとレバレッジを掛けられることもあります。

FXが稼げると言われる所以がこのレバレッジにあります。

GemForexのレバレッジは最大1000倍と最高水準!

GemForexのレバレッジは最大1000倍と最高水準!のアイキャッチ画像

一般的に海外FX業者は国内業者より掛けられる最大レバレッジが高いです。

中でもGemForexは業界最高水準で最大1000倍のレバレッジを掛けることができます。

なので1万円の証拠金でも1000万円までの取引が可能になります。株式投資や国内FX業者を通した取引から考えられると信じられないですよね。

では何故最大1000倍のレバレッジが凄いのでしょうか。

やはりロスカットになりにくいのが大きいと思います。

取引可能額が1000万円で10万円分ポジションを取るのと、10万円分ギリギリしかない状態でポジションを取るのは、明らかに後者の方がロスカットになりやすいです。

証拠金維持率に余裕が出ることでロスカットになりにくく、値動きの誤差の範囲も広く取れます。

最大1000倍だからといって必ず最大限掛けなければならないという訳ではないので、余裕を持ってポジションを調節したり様子を見てレバレッジを上げ下げしたりできます。

攻めのハイレバ取引もできますし、証拠金維持率に十分余裕を持たせた安全な取引もできます。

また、海外FX業者によくあるゼロカットをGemForexでも採用しています。

ゼロカットとは証拠金以上の損失をゼロに戻すサービスのことで追証が発生しません。

追証とはロスカットが発動しなかったり、スリッページによって証拠金以上の損失が発生した際に支払いが必要になる事で、いわば借金です。FXで失敗して破産した、借金漬けになった、というのはこういった追証も原因の一つだったりします。

ですので、証拠金以上の損失は絶対に追うことはないというのは大きな心の安心になるかと思います。

「高レバレッジで取引はできるけど追証を負う可能性もある」なんてなってしまうと、おちおちレバレッジを掛けられないですからね。

GemForexでは、安心して最大1000倍レバレッジを使用して証拠金内での取引ができます。

GemForexと他社のレバレッジを比較

GemForexと他社のレバレッジを比較のアイキャッチ画像

業者別最大レバレッジとロスカット水準比較表

 STP口座ECN口座ロスカット水準
GemForex1000倍1000倍20%
XM888倍500倍20%
TitanFX500倍500倍20%
LAND-FX500倍200倍30%
BigBoss555倍555倍20%

他社と比較して良いと思うのは、GemForexの場合口座タイプによって最大レバレッジに違いがないということです。

GemForexの口座にはオールインワン口座とノースプレッド口座がありますが、どちらも最大レバレッジ1000倍で取引可能です。

同じような海外FX業者でも低スプレッド口座は最大レバレッジを下げられていたりすることがあるのですが、GemForexでは低スプレッドの口座でも同じです。

名前からも分かるように、ノースプレッド口座はスプレッドが0.0pipsです。

この口座でも同一のレバレッジで取引することができるので、スプレッドや取引スタイル、最初に入金することができる資金から口座を選んで取引を開始できます。

海外でもレバレッジ規制の動き

海外FXは高いレバレッジが特徴ですが最近はそれが規制傾向にあります。

2018年8月に導入されたEMSAによるFXへの規制は、結構FX業界にとって衝撃だったと思っています。

ESMAとは欧州証券市場監督局(European Securities and Markets Authority)のことでEUにおける金融庁のような監査局です。

EU圏内の金融市場を統括する目的で設立された機関で、金融市場の法規や規制の分野に大きな影響力を持っています。EU各国にも似たような組織はありますが、EUの制度として個々の国の影響力よりもEUとしての影響力の方が大きいので、ESMAの規制の方が優先されるのです。

そのESMAがレバレッジに制限を設けました。

この規制がかかったことで、メジャーな通貨ペアに対しては最大レバレッジ30倍、マイナーな通貨ペアに対しては最大レバレッジ25倍となっています。

言うまでもなく、この影響を受ける海外FX業者は少なくありませんでした。

EU圏内に拠点や口座があればレバレッジ制限を受けることになります。大手海外FX業者の証ともされているキプロスライセンスを発行しているキプロスもEU圏内なので、キプロスのライセンスを保有する大手業者も規制対象に入り、日本人向けのサービスから撤退する業者もありました。

海外FX業者のメリットであった高いレバレッジが日本国内業者と大差なくなってしまったなんて青天の霹靂もいいところです。

ただ、GemForexはニュージーランドの金融ライセンスなので影響は受けていないようです。これも業界最高水準の最大1000倍レバレッジを提供できている一因かもしれません。

金融ライセンス無しの業者ならいざ知らず、信頼性のある金融ライセンスを保有していて且つレバレッジ規制を受けていない貴重な業者です。

GemForexでは少ない資金でも高額取引が可能

GemForexでは少ない資金でも高額取引が可能のアイキャッチ画像

以上のように、GemForexでは高いレバレッジを掛けて取引することができます。

一般に国内業者より最大レバレッジが高い海外FX業者ですが、GemForexはその中でも最高水準である最大1000倍のレバレッジを提供しています。

ノースプレッド口座でも同水準なのでスプレッドなしで取引することも可能です。口座のタイプによらず最大1000倍レバレッジで取引できます。

また、最近EU圏内の業者が受けてしまった法規制も、EU圏外のGemForexは免れているので変わらず高レバレッジで取引することが可能です。

海外FX業者でよく取り入れられているゼロカット制度をGemForexも取り入れており、追証はありません。特に少ない資金から始める際にはハイレバの取引となってしまうと思います。

その際、最高水準のレバレッジを掛けられると証拠維持率に余裕ができロスカットのリスクが軽減されますので、安心して高額取引ができます。

一般的にレバレッジが高いとポジションが逆に動いたときに借金を負うリスクがありますが、GemForexではゼロカットが導入されているので心配する必要はありません。少ない資金で安心して攻められるので大きく利益を出せます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です